本物のネカマに聞いてみた

ネット上だけでも女性になりたいという願望でネカマになっている場合は本物と思うようにしています。
なぜこんなことを言うかというと、男性が女性を装う場合でも、その理由が金儲けの為という輩がいるのです。

それは精神的には男性のままですからそれはネカマとは認めていません。
ということで、もとい、本物のネカマも最初は軽いノリから始まるのだそうです。

インターネット上ですから簡単に女性に変身できるわけで、女性の話し方や振舞いを真似ていると、いつしかそれがしみついて本物になってしまうとの事。
実際にそんな体験をしたネカマが語ってくれました。

きっかけは小説の中に出てくる女性の話言葉を好きになったことだそうです。
その次に感じたのは、当時付き合っていた女性に対して、男勝りだったことが不満で、もっと女らしくしてくれれば気が合うのになあと思っていたそうです。

それは、セックスの対象としてではなく、女性同士の付き合いとしてその方がいいと気付いたのです。

やっと本当の自分に気付いても、見た目は男そのものである自分が突然オカマになることはできませんから、インターネットの中でその女性願望を味わおうと思いたち、ネカマの仲間入りを果たしたそうです。
その後の展開はとても早く、女性会員としてセフレ募集サイトに登録さえすれば後は恐いもの無しだったとの事。
女性らしく振る舞うことは、望んでいたことですから難なくクリア。
誰も男性とは気付かないそうです。

なので、彼女は水を得た魚のごとく、女性としてネットからネットへと渡り歩き、女性ならではの特典、例えば男性から優しく扱われるとか・・も含め、ネカマ街道をまっしぐらに走っているのだそうです。

何と言っても、相手に姿は見えないのですから、時にはかっこいい女性、時にはかわいい女性という風に好きな女性に変身して、この楽しみは留まるところがないらしいです。
でも、メールのやり取りの中では、見破られないように少し注意していることがあるそうです。
それは、あまりしつこくしないことと誤字脱字を使わないこと。
結構気を使っているんですね。

そのネカマは全く人を騙しているという意識はなく、誰にも迷惑をかけずに自分が楽しんでいるだけと思っているようです。
そして、最後に女性専用のオンラインゲームで女性用の下着を獲得したことまで話してくれました。

私はネカマに年齢も聞いていましたが、それだけでは最後まで教えてくれませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする